ちょっとした工夫でダイエットを成功させよう|食事管理のコツを伝授

フルーツとジュース

規則正しい生活が基本

ダイエットに取り組むときには、夜遅く食事をとらないといった規則正しい生活を続けることが大事です。どうしても無理な場合は、しっかり楽しみ次の日などにカロリーが少なく、満腹感をもたらすダイエット食に置き換えるといったトータル的なコントロールをすることです。

ウエスト

健康的に痩せるには

ダイエットで大切なのは健康的な食事をとることです。炭水化物抜きダイエットは比較的短期間で体のラインを細くする、体重を落とすことに向いているダイエットです。夏に向けて痩せたい人は、まずは毎日の食事から炭水化物を抜いてみてください。

体重計

見直してみよう

ダイエットをするのなら食事を見直す事がおすすめです。食事の祭、咀嚼回数を一口30回、一食で1500回が理想的との事です。噛む事で満腹感を少量の食事で得る事ができ、ダイエット効果が期待できます。またダイエット以外にも栄養の吸収率を高めたり美容効果まで期待できるとの事です。

続けることも大切

女性

少しの工夫で痩せよう

ダイエットには適度な運動も必要ですが、毎日の食事に気を付けることも大切です。ダイエットの最中の食事においても、いくつかポイントあるため、きちんと把握しておくとよいでしょう。まず、体重を落としたいからと食事を抜くのはやめてください。人間には日々の活動をするためのエネルギーが必要なので、栄養不足だと筋力が落ちてしまいます。食べないダイエットは肌がガサガサになったり、ストレスでリバウンドしてしまうかもしれません。主食、野菜、魚などバランスのとれた食事がダイエットにはピッタリです。ファストフードは手軽に食べられるため忙しいときは便利ですが、カロリーが高いので注意しましょう。また、白米を玄米にかえたり、油を使った調理方法を控えるなど、ちょっとした工夫でもダイエットになります。さらに日ごろ飲んでいるドリンクにも注意してみてください。清涼飲料水などは糖分が多く含まれているのでダイエットには向きません。お茶や野菜ジュース、果汁100パーセントのものなどに変更しましょう。どうしてもお腹がすいて間食をしたいときは、果物やゼリー、ヨーグルトなどを食べるようにしてください。なお、食事と食事の時間が長く空いてしまうなどして空腹の状態で食事をすると、脂肪の分解をおこなう機能が低下してダイエットにならない可能性もあります。空腹で食事をするときは血糖値を上げる作用が弱い野菜などから食べると、血糖値が急激に上がるのを防ぐことができるのでオススメです。