ちょっとした工夫でダイエットを成功させよう|食事管理のコツを伝授

  1. ホーム
  2. 見直してみよう

見直してみよう

体重計

咀嚼は大切

ダイエットをする時まず取り掛かりやすい方法として食事の量を減らしたり間食を控える方法を思いつくと思います。摂取カロリーが減れば体重が減っていきます。しかしダイエットをする上で重要な事はダイエットがストレスにならない事だと考えます。食事の量を減らしたり、大好きなスイーツを我慢してストレスが溜まっていくと思わぬ瞬間に爆発して暴飲暴食に走りリバウンドしてしまいます。リバウンドだけでなく元々の体重より増えてしまう事もあります。また適度な運動が大切と百も承知であっても日々の生活の中に運動を取り入れる事はなかなか簡単ではありません。仕事柄慢性的な運動不足に陥っている場合もあります。そんな時オススメのダイエットは食事の時、意識してとにかく噛むことです。普段の食事で咀嚼回数はどの位でしょうか。数回噛んでそのまま飲み込んでいるのではないでしょうか。理想的な咀嚼回数は一口30回、一食あたり1500回以上と言われています。すぐに実践する事は難しいかもしれません。しかし、咀嚼回数が増えると少ない量で満腹感を得る事ができ、結果的に食事の量が減りダイエットに繋がるばかりでなく食事の栄養素が咀嚼によって吸収しやすくなるという効果も期待できます。またそれだけでなく首の筋肉、口周りの筋肉が鍛えられ美容効果まで期待できると言われています。咀嚼回数が増えれば天敵であるはずのスイーツであっても少量で満足する様になり、ストレス発散や気分転換になります。食事をゆっくりよく味わって食べる事で心もお腹も満腹になり、そしてダイエットや美容効果も期待できる。この機会に普段の咀嚼を見直してみるのはいかがでしょうか。