ちょっとした工夫でダイエットを成功させよう|食事管理のコツを伝授

  1. ホーム
  2. 規則正しい生活が基本

規則正しい生活が基本

フルーツとジュース

メリハリをつけて

夏に向けてダイエットを考えている場合、気を付けたいのが食事です。特に夜遅くに暴飲暴食をしてしまうと、悪循環に陥りがちです。その食事の内容が炭水化物や脂肪分が多いものである場合は栄養過多になり、脂肪に代わってしまうのです。ダイエットをしようと思うときには、寝る前3時間は何も食べない時間を作ることが大事で、運動をそれほどしなくとも痩せる体質になっていくのです。寝る前に食べなければ、翌朝はお腹がすいた状態で目が覚めて朝食を気持ちよく食べることができます。朝の食事は、これから体を動かす上で必要なエネルギーを生み出す力になるので、しっかり食べても大丈夫なのです。効率よくエネルギーを使うことになり、結果として食べているにもかかわらず、ダイエットに成功するというわけです。この方法であれば、食事を抜いて無理に体重を落とすというストレスを感じがちなダイエットとは違い、リバウンドを起こすこともないのです。しかし、仕事をしていると、必ずしも早く晩御飯を済ますことができないこともあるものです。また飲み会などに参加して、遅くまで飲み食いする場合も出てきます。そういった時には、次の日は一食をダイエット食に切り替えるという方法が有効で、トータルでエネルギーを摂りすぎないようにすることです。満腹感をもたらしながらも、カロリーの少なく食物繊維の多いダイエット食を利用することで、ストレスを感じずにダイエットをすることができます。